自然のエネルギーを使って電力を得よう、環境にやさしい生活を

しくみ

地球と発電

太陽光発電は非常にシンプルな作りをしています。簡単に説明すると、これは太陽光の熱エネルギーを変換して電力に変えるシステムのことであり、最初にあたる光のエネルギーは太陽電池で受け止められます。
太陽電池とは、太陽光発電を導入した家庭の屋根あたり、または陽の光が間違いなくしっかりと当たるような部分に設置されるパネルのことであり、これがなければ電気に変換することすらできなくなります。
太陽電池によって得られたエネルギーは全てパワーコンディショナーという所に送られるようになっています。ここで何倍にも増幅されたエネルギーが電力となり、必要ならば自宅で利用し、不要ならば電力会社へ自動的に売られるようになっています。

太陽光発電にはまず太陽電池が必要ですが、それ以外にも接続箱が必要になります。この接続箱は太陽電池からの配線をまとめてパワーコンディショナーへと繋げてくれているものです。
次に分電盤ですが、これは家の配線に電気を分ける、つまりは自分の家で発電した電気を自宅で使えるようにしてくれる装置です。次にあるのが電力量計です。これは発電したけれど使わなかった電力を、どのくらい電力会社に売ったのかを判断してくれるものです。これがなければ一体どのくらい発電し、どのくらい売れたのか計測できません。
あとは配線関係や逆流防止の装置をつければ太陽光発電に必要な装置は全て揃ったことになります。個人個人が把握しなくても、ちゃんと専用の会社が対処してくれますから安心してお使い頂けます。