自然のエネルギーを使って電力を得よう、環境にやさしい生活を

電池

街なかでの発電

太陽光発電には太陽電池が必要であり、これが1番重要な部分となっています。
太陽電池とは、太陽の光エネルギーといわれるものを吸収し、電気に変換してくれる素晴らしいシステムのことをさしています。いわゆる変換器という役割なのです。これはシリコンなどの半導体といわれている素材で作られています。
どうしてこの太陽電池は光エネルギーを電気という全く別のものに変換してくれるのかというと、太陽電池に利用されている半導体に光があたると光電効果といわれる現象が起こるようになっています。これは物質に光を当てると電子が飛び出してくるという現象のことを指しています。
電子が飛び出すことによってこの半導体からは電気エネルギーが生まれるようになり、結果的にパワーコンディショナーを通すことによって電気として正式に利用することができるようになるのです。

この太陽光発電システム自体は昔からあったのですが、どうしても装置が重たく、中々自宅で利用できるような装置ではなかったのです。
ですから、広い土地があり、重さを気にしないで良い場所には昔から太陽光発電の装置がおかれています。日本でも大きなビルや工場の屋根などには業務用の太陽光発電が設置されているのです。
しかし、家庭用が普及したのは比較的最近のこととなっており、これから更に軽くて大量に発電できる便利な商品が登場すると考えられています。
これが普及すれば、電力不足は解消される上に、有害な物質が出ないようになりますから安心して暮らしていけるようになるのです。